人生を変えたい人は見てください!確実・堅実・安全に資産を増やすテクニック

Pocket

今トランプ大統領の公共インフラへの大規模財政出動政策が実現にうつされるとの期待から米国株式相場は歴史的な高値圏を更新しています。
連邦準備委員会を構成する米国各地の連邦銀行総裁からは利上げについて積極的な発言が繰り返されるなど、異常な過熱ぶりに見舞われています。
このように歴史的な相場環境の激変場面においてそれなりのリターンが見込める確実な投資方法はあるのでしょうか。

投資人生変化をもたらすくらいの堅実確実資産運用を可能にするような投資テクニックは何なのか、気になる所です。
投資にはリスクが付き物です。

リスクとは値幅変動が大きいことを言います。利益も大きければ損失も大きいならリスクは大きいと言えます。

安全な投資で投資お金で利回りの大きい回収を見込める投資確実な資産運用というものは、多くの資産家にとって追い求めてやまない方法論です。
出発点として主な投資のメリット運用や損失の可能性から主要な投資方法の検討を考察してみます。

FXはテクニカル分析とファンダメンタル分析の両面から通貨の相場変化を予想して為替差益を狙う方法ですが、秒単位で相場は変化し、潤沢な証拠金が無い場合四六時中チャートの前に張り付いている必要があります。

FOMCで利上げ判断がほぼ確定の時にドル買いをして利食いを狙うくらいしか確実に利益を回収することは困難です。
不動産株式もFXほどではありませんが値幅の変動によっては優良銘柄であってもタイミングを失すると損失を被る危険があります。不動産は初期投資費用が巨額に上るので初心者が手を出すのは危険性が高いでしょう。

発行体が国や公共団体の国内の公共債は、安全性の点では元本保証された預金類に近いですが、マイナス金利下ではリターンはわずかしか見込めません。
リスクは絶対に取りたくないのであれば日本国債の10年物の金利変動型がお勧めです。

将来インフレ傾向に進めば日本銀行が利上げに動く可能性があり、リターンの増加も見込めるからです。
しかしながら資産活用ではリスクを取ってでもリターンを取りに行くのが醍醐味であるともいえます。
だからといって今の歴史的高値圏での株式投資は、市場の変化に引きずられて損失を被る可能性が高いのは否定できません。

最近の資産運用のリターンを統計化したデータによると金現物の価格が歴史的株高やドル高にも関わらず、上昇を続けており、金が最もリターンを挙げているとの指標があります。

株や通貨や原油などとの間で相関関係の見られた従来の市場環境は激変を遂げています。
このように不確実性が高い時代では投資初心者にとって日本円国債や金などの資産が安全で堅実な資産運用なのかもしれません。