歯科衛生士の職場:病院内の歯科


東京エリアで歯科開業後の集患率アップならジャストワン

歯科衛生士が働く職場には主として、歯科診療所または病院内の歯科があります。
歯科衛生士の大部分、おおよそ9割が歯科診療所に勤務していますが、残りの1割のうちの約半数が総合病院等の歯科に勤務している状況です。
仕事内容に関しては、両者に大きな違いはありません。
仕事内容は主に歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の3つに大別されますが、歯科衛生士が国家資格であるように、それぞれ歯科に関する高度な専門知識や技術が求められます。
一方、福利厚生に関しては、病院内歯科勤務の方が充実している場合が多いようです。
例として、勤務時間が短い、残業手当が出やすい、有給が取りやすい、産休・育休が取りやすい等が挙げられます。
その分、歯科開業後の給与は歯科診療所勤務と比較して好待遇ということにはなりませんが、働きやすく、仕事を続けやすい環境が整っていると言えるでしょう。
また、病院内歯科は様々な疾患を持った患者さんが受診されることも少なくありません。
したがって、日々の学習は不可欠であり、自らの知識や技術を高めるのに適した職場とも言えます。
さらには、歯科診療所勤務と比べ他職種連携の要素が強く、チーム医療を学ぶにはうってつけの職場とも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です