探偵社と興信所の一般的な相違点とは?

探偵社

刑事のノウハウを生かし、身分を隠して個人の依頼を全うする探偵業

探偵業というとサスペンスドラマに出てくるような事件を解決する人物がイメージとしてありますが、実際には個人からの依頼を受けて張り込みや聞き込みをするの仕事です。

ただ、フィクションのような活躍をした探偵も存在しており、それが日本では初めて探偵事務所を立ち上げたという岩井三郎という人物です。
岩井三郎は元々日露戦争の折にスパイ活動を摘発していた警察官でしたが、警察組織のルールに縛られることのない活動をするために探偵を始めました。

現在手も、探偵は元刑事が警察を辞めた後になる仕事です。
それは刑事が事件を捜査するときには張り込み・聞き込み・尾行といった技術を使うわけですが、それが依頼を遂行するために役立つからです。
調査をするときには探偵であることを隠さなければ警戒されてしまうこともありますが、そういうときに対処する方法も刑事ならば心得ています。

企業間の信用調査に端を発する、興信所

興信所は主に企業からの依頼に対して調査を行うものです。
個人の秘密を探るわけではないので、身分を明かして調査をすることが探偵とは違うところです。
調査方法も誰かを尾行したり張り込みをすることはなく、関係者に対して堂々と聞き込みをするのが一般的です。
ただ、企業からの依頼では、会社ではなく他社の経営者や自社の社員など個人について調べることがあります。
それは企業を動かすのは最終的に人なので、個人を調べて提携の可能性や不正を働いていないかということを明らかにして適切な対応を取らなければいけないからです。

日本で興信所が出来たのは商工業が発展した明治のことで、現在も残る大企業の創業にも関わった外山修三という実業家がつくりました。
大阪に商業興信所をつくり、企業間の信用調査をすることで、より良い取引が出来る手助けをするためです。

それぞれの得意分野や料金に差はある?

探偵と興信所は成り立ちが違うので、個人からの依頼を受ける探偵業と企業からの依頼を受ける興信所という区別をつけることが出来ます。
得意分野でいえば探偵業は身分を隠して行う調査のノウハウがあるので浮気調査などが得意です。
一方で興信所は聞き込みをして情報を深く掘り下げることが得意なので、新聞や四季報などに書かれている企業情報よりも詳しい情報を得ることが出来ます。

とは言え現代では、探偵業も興信所もその境界線を超えた依頼を引き受けることが多くなり、明確に分けることが出来なくなっています。
料金もどちらが安い・高いということはなく個々の事務所で異なるのでどちらがお得なのかということも出来ません。
境界線が曖昧になれば、探偵事務所でも興信所でも気兼ねなく依頼をすることが出来ます。

結局のところ、どちらを選べばいいのか

かつては個人の依頼は探偵が扱い、企業からの依頼は興信所が扱うというような相違点がありました。
しかし、2007年に探偵業法が思考されることになり、探偵事務所も興信所も同じ規制のもとで活動する事になりました、その結果として両者は名前だけが相違点になってきたのです。

そうなると問題はどちらを選ぶかという看板の問題ではなく、どこを選ぶかという信用の問題になってきます。
選ぶポイントとしては調査能力と料金そして個人情報の取扱です。
まず、怪しいところに依頼することがないように、探偵業法に基づいて届け出があるかどうかを調べましょう。

それから調査能力があるかどうかを実績で見てみましょう。
やはり長く活動しているのであれば、それだけ信頼があるといえます。
そして情報漏えいのリスクがないかはプライバシーマークのような第三者認証制度を取得していることが判断基準となります。

探偵と興信所の相違点についてのまとめ

探偵は浮気調査や失踪人の捜索など個人からの依頼を受ける事が多く、興信所は企業間信用情報安堵を調べることが多いです。
依頼内容の相違点は調査方法にも反映されており、探偵は身分を隠して調査をする事が多く、興信所は関係各所に聞き込みをして必要な情報を集めていきます。

しかし、最近では探偵業法というルールが出来て、その制限内で活動することになっているので、両者の差が出るようなことは少なくなりました。
看板の相違点は、どのようなことが理由かというと、調査員の前職が関係していると考えられます。
探偵は元刑事と言うように警察で働いていた人が、再就職をしたり新しく事務所を起こしたりすることが多いので、探偵業法ができてもそのまま探偵事務所の看板を選ぶことになるのです。